発電機負荷容量計算|非常用発電機負荷試験

電話番号電話番号
ご相談・お見積りのご依頼ご相談・お見積りのご依頼
非常用発電機負荷試験・負荷運転の専門家非常用発電機負荷試験・負荷運転の専門家

発電機負荷容量計算

非常用発電機の負荷試験を実施する場合、発電機の容量に合わせて計算が必要となります。
該当設備がどの程度の負荷が必要なのかを知るために計算フォームをご用意しました。
検討材料としてご活用ください。

※総務省にて推奨している負荷容量は、発電設備の出力(KVA)に対して30%以上とし、
また目安として30分以上の連続運転が可能という基準を推奨しています。

非発テクノでは、推奨に応じた30%以上の負荷により30分以上の運転の実施を行っております。
(30%以上、30分の運転によってエンジン内部のカーボン(煤)の燃焼が見られると
一般社団法人 日本内燃力発電設備協会と消防庁により検証されています)

負荷容量計算フォーム

発電機の出力 kVA
電圧 V
  
トップ
ご依頼の流れ
負荷試験について
予防的保全策について
内部監察について
メンテナンスについて
発電機設置工事について
当社の強み
導入実績
発電機負荷容量計算
消防法関連法案
会社概要
お見積り・お問い合わせ
ブログ